知っておくと得をする結婚式の雑学!種類から料金・服装などまで詳しく解説

このサイトは知っておくと得をする、結婚式の雑学をご紹介しています。
種類から料金・服装などまで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
またウェディングの挙式会場を選ぶポイントにも触れているサイトです。
一生に一度のウェディングに相応しい挙式を、どこですればよいか迷う場合におすすめです。
それから挙式後の披露宴の会場選びのコツにも触れています。
結婚披露パーティを成功させるためにもきっと役立ちます。

知っておくと得をする結婚式の雑学!種類から料金・服装などまで詳しく解説

結婚式をする予定なので、色々な知識の解説を知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。
結婚式は人それぞれ様々なスタイルで行われています。
専門式場やホテル・邸宅などを利用することがあり、挙式のスタイルもキリスト教式や神前式、人前式など様々です。
料金は結婚式の規模により、規模が大きなほど費用も高くなります。
服装はウェディングドレスや和装が人気ですが、リゾートではその土地の婚礼衣装を着用することもあります。

現代の日本で行われている結婚式の種類

結婚式をする予定だけれど、どのようなスタイルで挙式をすれば良いか迷うという人もいるのではないでしょうか。
現代の日本で行われることが多い結婚式の種類にはキリスト教式や神前式、それから人前式があります。
キリスト教式は、教会式とよばれることもあります。
キリスト教のチャペルで神に結婚を誓うのが特徴です。
神前式は神社の神殿で行う挙式で、基本的に列席するのは新郎新婦と両家の親族のみとなっています。
その理由は神前式が家と家とのつながりを重視しているからです。
これらの他には人前式と呼ばれる挙式の方法もあります。
こちらはキリスト教式や神前式のような宗教儀式をおこなわないのが特徴で、参列者を証人として結婚を誓うのが特徴です。
宗教儀式をしたくない場合や、自由な結婚式をしたい場合に向いています。
これらの中から挙式の方法を選ぶ際には、ふたりが希望するものにするのがおすすめです。
また両家の家族の意向も聞いて決めるとスムーズに準備ができます。

結婚式の料金の内訳には何が含まれている?

日本における結婚式の料金は、平均で300万円を超えています。
その内訳は、一体どうなっているのでしょうか。
まずは料理代です。
平均単価は約1万円となっていますが、対象年齢によって複数のコースに分かれているので、参列者の人数だけでなくそれぞれの年齢区分も結婚式場に早めに報告するようにしましょう。
演出に関しては、照明やプロジェクターを使用することにレンタル料がどんどんプラスされていきます。
そして大きなウエイトを占めているのが新婦の衣装代です。
ウエディングドレスはレンタルするだけでも、約20万円かかります。
しかもヘアメイクや着付け代は別料金なのです。
ゲストの宿泊費や交通費は、結婚式場が作成する内訳に含まれていません。
つまり結婚式場が提示してきた金額以外にも必要となる費用はたくさんあるのです。
コストを抑える手段としては司会者をプロに依頼せずに、友達にやってもらうことや、ピアノの生演奏をなくして既存の音楽をスピーカーから流すことなどが挙げられます。

結婚式の基本的な新郎新婦の服装の種類

結婚式をする際にはどのような服装を着るべきかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
一般的に結婚式には新郎新婦とも和装や洋装の婚礼衣装を着ることが多いです。
洋風のウェディングをする場合にはチャペルが挙式会場に選ばれることが多いものですが、その場合には新郎はタキシードで新婦はウェディングドレスを着ることが一般的となっています。
和風のウェディングといえば仏前式や神前式がありますが、これらの場合には和装を着用することが多いです。
新郎は五つ紋付羽織袴を着用します。
そして新婦は白無垢や色打ち掛け、もしくは黒引き振袖のいずれかを選ぶことが多くなっています。
もちろん、必ずしも結婚式にはこれらのようなスタイルでなくてはならないというわけではありません。
あまり知られていないかもしれませんが新郎新婦が2人だけで自分たちの為だけにする場合などには、新郎はスーツで新婦はワンピースなどといった平服で結婚式をすることもあります。

結婚式では和装とドレスのどちらの衣装が妊婦向き?

妊娠中でも結婚式を行いたいという場合に、気をつけたいのが衣装選びです。
妊娠中は日々体型が変わってくるため、結婚式を挙げる時点での体型を考慮しながら選びます。
和装とドレスのどちらも着ることができます。
和装の場合は体型に合わせて調整しやすく、妊婦であってもおすすめです。
着付けスタッフに妊娠していることを伝えれば、お腹に配慮して着付けをしてもらえます。
お腹の大きくなる時期になると着物の重さが負担になってしまうため、体調と相談しながら無理をしないことが大切となります。
ドレス選びは、体型を考えて行うことがポイントです。
妊娠初期であれば下腹部が少し膨らみますが目立たないため、好きなデザインを選ぶことが可能です。
妊娠中期はお腹やバストが大きくなり始めるため、お腹の目立たないボリュームのあるドレスを体型の変化に合ったサイズのもの選んでいきます。
妊娠後期はかなりお腹が膨らみ、体調も良くないケースも多いため体の負担が少ないマタニティ用のドレスだと無難です。

結婚式に関する情報サイト
結婚式の雑学

このサイトは知っておくと得をする、結婚式の雑学をご紹介しています。種類から料金・服装などまで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。またウェディングの挙式会場を選ぶポイントにも触れているサイトです。一生に一度のウェディングに相応しい挙式を、どこですればよいか迷う場合におすすめです。それから挙式後の披露宴の会場選びのコツにも触れています。結婚披露パーティを成功させるためにもきっと役立ちます。

Search